Fetchリワード|今ならボーナスポイントがもらえる!レシートスキャンだけでストレスレス!ギフトカードを楽々もらえる!

Fetch リワード●得をする

クーポン探しはめんどうくさい!買い物へ行ってからレシートを写メして送信するだけ!
簡単なのに高ポイント配当で楽々ギフトカードがもらえる!そんなアプリの紹介です。

ローカルの店での買い物でもOKなので、先にご案内しているレシートスキャンでキャッシュバックのアプリ、アイボッタ(ibotta)にないお店でも使えるから、取りこぼし無し

食料品・日用品など毎日の買い物でキャッシュバック!
>Ibottaアイボッタの記事はこちらでどうぞ

そんなスゴイアプリ、フェッチ・リワード(Fetch Reward)は、アメリカ生活をがんばる皆様にぜひ登録してもらいたい無料アプリです。面倒くさい人もこれは登録していて欲しい。絶対得しますから!
紹介コードC26DGを入力すれば、皆さまにボーナスポイント2,000ポイント入ります!↓

Fetch Rewardsフェッチリワードはこちら

キャッシュバックはあらゆるeギフトカードキャッシュアウトできます。
Amazon、Target、Starbucks、CVS、BAZAAR、Domino Pizza、ULTA、Sephora、Best Buy、American Eagl、Banana Republic、Colombia、GAP、LL Bean、Addidas、e-bay、Macy’s、Nike、Nordstrom Rack、TJMax、Wholefoods、Rayban、DeltaHotels.comそのほかVISAのギフトカードにすることも可能。全部で200種類以上のキャッシュアウトが可能です!

フェッチ(Fetch)リワードとは

フェッチリワードはどんな会社?

2017年に設立されたこのIT企業、マディソンに本社を置き、シカゴ、ニューヨーク、サンフランシスコに支店を構えています。CEOの若き青年ウェスは、学生時代に初めての一人暮らしを経験し、食費を節約するために、クーポンを探すのに大変な思いをしていたことから、もっと楽に節約できるしくみがあったらいいのに!と思うにいたり、この会社を仲間と作ったそうですよ。

各支店では従業員も募集しており、働く人の楽し気な写真をウェブサイトで見れます。

アプリの特徴は?

この無料アプリ利用者の数は100万人を超えています

いつもの買い物をして、14日以内にレシートを写メして送るだけ!超簡単です。

レシートスキャンでポイントが入りeギフトカードに簡単交換!

アイボッタ(ibotta)とどう違うの?

別に紹介していますアイボッタibottaでは、キャッシュバックのある店舗&商品を選び、買い物した後レシートを写メで送信します。キャッシュバックの文字通り、商品毎に2ドル、3ドルといった金額記載のキャッシュバックで明瞭
20ドル以上たまったら、キャッシュで払ってもらうこともできますし、ギフトカードでもらうこともできます。

一方フェッチFetchは、レシートを写メして送信するだけ3,000ポイント以上からギフトカードにしてもらえます。この3,000ポイントというのは約3ドル相当です。

フェッチは、アイボッタがカバーしていない、ローカルのお店のレシートもカバーしてくれるので、フェッチを使えば、取りこぼしなくキャッシュバックを受け取れます!
あらゆるお店のレシートを写メするだけでお金が入る!
コンビニや酒屋さん、ドラッグストアなどのレシートもOK!

フェッチFetchの登録方法

1.こちらから登録可能です。↓(紹介コードはC26DG)

Fetch Rewardsフェッチリワードはこちら

2.アプリダウンロードし、登録します。登録画面は以下のような感じで、登録方法はいくつかから選べます。

レシートを写メするだけでお金がたまるアプリでの登録方法を紹介します

referral code(紹介コード)を聞かれる以下の画面では、C26DGと入力してください。皆様にボーナスポイントとして2,000ポイントが入ります!

レシートのアップ方法

さて、レシートのアップ方法は、簡単。画面の右下にある黄色いカメラのアイコンをタップして、レシートの写真を撮って送るだけ。(長いときは、写真を分割して送ります。)※店名と日付も入るように撮影します。

上の写真の左は、レシートスキャンで750ポイント入るという記載。

上の写真の右は、どの商品でどれぐらいのポイントが入るかがわかるように出ています。
(例えば、5ドル以上のScottoのトイレットぺーパーで500ポイントも入ります。)

さて、黄色いカメラをタップして、レシートをスキャン後、左の写真のように、この店舗名であってますか?と出たら、違っていれば、EDITをタップして、店名を変更してください。

たったこれだけ!簡単です!

オンラインの買い物でもポイントをゲットする

レシートをスキャンするとポイントでリワードを受け取れるフェッチ
下の左の画像、下の赤丸で囲った水色のボタンですが、ここをクリックすると、アマゾン、そしてメールアドレスからターゲットウォルマートなどのオンラインストアでの買い物にもリワードが受けられるようになります。

レシートを写メしてポイントが簡単にたまる。たまったポイントでアマゾンのeギフトカードをもらおう!

上の写真右は、私がフェッチに登録する前に買ったオンラインショップAmazonでの買い物分です。

フェッチのレシートは、買い物してから有効期限が14日間あります。

もしもちょっと前にAmazonなどで買い物をしていたなら、今が登録のチャンスですよ!リワードを受け取れます。

フェッチのリワード(ポイント)

ポイント換算&交換できるeギフトカード

ポイントで入るフェッチリワード、さてこのポイントとドルの関係はどういったものでしょうか。平均して、3,000ポイント=3ドル、5,000ポイント=5ドルです。

Amazonは、3ドル分は3,500ポイントですが、5ドル分は5,000ポイントスタバは5,000ポイントで5ドル分SephoraTargetBest BuyBed Bath & Beyondなど様々なeギフトカードに変えられますし、寄付することもできます。

私は初日に、紹介登録で2,000ポイント、店舗での買い物で750ポイント、先週のアマゾンでの買い物2回=500ポイントと250ポイント、以上で合計3,500ポイントが入りました。これってもうアマゾン3ドルギフトカード相当です!
結局1か月ちょっとで10ドル分のアマゾンギフトカードをゲットできました。

交換方法

あっという間に気づけば5,000ポイント以上たまっていたので、ギフトカードに交換してもらいました。その様子をご紹介します。

1)右上の自分のポイント数をタップすると、どんなギフトカードと交換できるかが見れます。
ポイントから選ぶには、上側のバーから3K、5K、10Kのポイント別に見れます。
今回5kからAmazonのギフトカード$5を選択しました。
ケータイにコードがテキストされるので、それを入力するだけです。簡単!

レシートを写メしてポイントをもらい、たまったものをアマゾンのeギフトカードに交換する方法を画像付きで紹介します

2)さてその使用方法ですが、Go to My Rewardsをタップして自分の持っているリワードをあけます。
ギフトカードのアイコンをタップすると、コードが出るので、コピーします

レシートを写メするだけで、アマゾンのギフトカードを簡単ゲット

3)さて、自分のAmazonのアカウントへログインし、ギフトカードRedeem Gift Cardへ行きます。
先ほどコピーしたeギフトカードのコードを張り付けApply to your balanceをタップすると、自分のAmazonのギフトカードアカウントに金額がプラスされます。

レシートを写メしてギフトカードをもらう方法紹介

上の写真右上の金額のトータルが10ドルになっていますが、先にShopKickショップキックで5ドル分のカードをもらったので、合計10ドルになっています。こちらは何も購入せずにすぐにたまりました。ぜひご活用ください。詳細はこちら>ShopKickとは。
楽して簡単、ローカルの店のレシートでもリワードを受けられるフェッチ!ぜひ皆様も使って得してください!

こちらから登録可能です。↓(紹介コードはC26DG=2,000ポイント入ります)

Fetch Rewardsフェッチリワードはこちら

 

2つのブログランキングに参加しています。ぽちっと応援をお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ     

タイトルとURLをコピーしました