簡単レシートスキャンでキャッシュバックReceipt Palレシートパル

●得をする
レシートを写メするだけで楽々貯まる!

私がキャッシュバックアプリ一番よく使っているのは、Fetch(フェッチ)リワードなのですが、

Fetchフェッチと同様に、レシートを写メするだけで、ポイントがたまって、アマゾンなどのeギフトカードに換えてもらえ、しかもFetchフェッチより割が良い、Receipt Palレシートパルを見つけました。

さっそく登録しましたので、紹介させていただきますね!

Receipt Pal レシートパルとは?

NPD Groupというマーケットリサーチカンパニーの運営するアプリです。この会社は設立が1966年というアメリカニューヨークに本社を構える会社です。

インターネット上でのマーケットリサーチ会社としては、世界ランク第8位という会社なのだそうですよ。大手ですね!

アプリはもちろん無料です。他に紹介させていただいているアプリ同様、お金は全然かかりません。

どうやってキャッシュバックを得られるの?

アプリをダウンロードし、買い物したレシートの写真を撮って送信するだけです。

ただし、アプリに、メールアドレスを登録する必要があります。

レシート4枚ごとに、100ポイントがたまり、2200ポイントで、5ドルのAmazonTarget、Best Buy、Visaギフトカードなどと交換できます

では、登録方法を通じて、どう使うか、案内しますね。

ダウンロード&登録方法

1)まずはアプリをダウンロードします。

Receipt Palのアプリはこちら>>

アプリを開けられない、固まるなどの不具合が起こった場合は、ケータイを再起動すると改善されますので、試してみてください。

2)ダウンロードしたアプリを開けると、下にRegister Now(今登録する)ボタンがあるので、タップします。

レシートは、3日前の分までスキャン送信できます上に3日前の日付が出ているのでわかりやすいです。

3)メールアドレスを登録して紐づけすることが必要です。入力します

私の場合はGmailなので、Gmailアドレスを入力すると、自動的にGmailに接続され、Gmailのパスワードを入力してGmailへログインするかたちでした。

4)生年月日と、性別Zipコードを入力します。

入力する必要がある情報は以上だけです!
↑画面下の緑のスライドボタンは、「オンラインで買物した場合に、イーメールでレシートを受け取ったものを自動的にポイントが入るようにしておくかどうか」です。
「自動的にポイントが入る」ようにしておく(スライドボタンは緑色)場合、500ポイントがすぐに入ります。

5)メールとコネクト(接続)します。下のSign in(サインイン)をタップすると、自動的にメールとコネクトします。

6)サインインすると、アプリがメール内のeレシートをサーチし始めます。

プライバシーが心配になりますが、該当企業のレシート以外はクロールしないしくみになっているそうですよ。

7)サーチがCompleteコンプリート(完了)して以下の画面が出たら、DONEをタップします。

以上で登録は終了ですよ!

アマゾンに接続して自動的にポイントをためる

このアプリをアマゾンのアカウントと接続すると、すぐに300ポイントがもらえます。
そして、アマゾンで買物するたびに、自動的にポイントが入ります

最初にアプリにサインインすると、自動的に、アマゾンに登録する画面が出てくるようです。

接続する場合は、Connect Amazonのボタンをタップします。

あとはこのアプリの画面上に出てくるアマゾン画面へ、ログインするだけです。

終わったら、DONEをタップします。

スターバックス他のアカウントも接続可能

スターバックスのアプリを接続すれば、500ポイントが入り、その後はスタバでスタバのアプリを使って買い物するたびに、自動的にポイントがたまります。

1)アプリ画面右下のAccountアカウントをタップし、
Manage Accountマネージアカウントをタップすると、
下のような画面が出てきますので、Other Retailers(その他のリテイラーズ(小売業))をタップします。

2)選べるリテイラーは3つ。Instacart、Kroger、そしてStarbucksです。
今回私はスタバをコネクトしました。希望のリテイラー名をタップします。

3)Sign inサインインをタップすると、このアプリの画面上にスタバのアプリログイン画面が出るので、スタバアプリへログインします。

ユーザーネームではなく、メールアドレスを使ってスタバのアプリへログインしてください、と出ています。

4)クッキーを使いますに、Agree(同意)し、Sign inサインインをタップします。

以上で接続され、500ポイントがすぐ入ります。

アマゾンとスタバ、別のメールアドレスで登録している場合も大丈夫!
複数のメールアドレスを登録できます
アプリ画面右下のAccount(アカウント)をタップ、一番上に、Add Another Email(他メルアドを追加)が出てきますので、そこから追加のメールアドレスを登録します。

レシートでポイントをためる

アメリカ国内のどのお店のレシートでも、店名、合計金額、日付が記載されているもので3日以内のものであれば、利用できるそうです。(手書きは不可)

アプリをあけると、以下のようなグリーンのカードが出ています。

グリーンのカードは左へスライドさせると、全部で5枚あり、最後がピンクスイープステイク(くじびき)です。

グリーンのカードの下のカメラボタンをタップして、レシートを撮り、送るだけです。
4枚分のレシートでグリーンのカード1枚が埋まり、100ポイントが入ります。

このグリーンのカードが5枚たまり、ピンクのカードにたどり着いたら、さらに2枚のレシートを撮り、送ると、スイープステイクにエントリーできますよ!

ポイントとキャッシュバックの交換率

まず、緑のLevel1のところを見てください。
2,200ポイントで、5ドルアマゾンまたはギフトカードに交換できます。

レベル2は、4,000ポイントで10ドル分9,250ポイントで25ドル分ギフトカードに交換できます。

ただし、このアプリが、イーメールアカウントと接続している(=解除していない)状態を30日過ぎてから、ギフトカードへの交換が可能になります。
Take Survey:
ポイントは、Survey(調査)に協力して質問に答えても、もらえます。
Fetchリワードではレシート1枚で最低でも25ポイント入るのですが、買い物した内容で、50ポイント、75ポイント、100ポイント以上入ったりします。
(一度息子が買ったチョコレートがその時の高ポイント対象商品で、500ポイント入りました)3,000または3,500ポイントで3ドル分5,000ポイントで5ドル分のギフトカードに交換できるのですが、ReceiptPalレシートパルでは、レシート1枚で25ポイント、2,200ポイントで5ドルのギフトカード、ということは、割が良いようですよ!

キャッシュバック方法

アプリの下のRewerdsリワードをタップします。

ポイントが十分たまっていれば、交換できるようになります。(下の画像は例で、ReceiptPalのサイトから借りたものです)

実際にギフトカードへ交換したら、記事を更新しますね!
今回の登録時に1,450ポイントたまりました。(ちょうどAmazonでほぼ日手帳を買ったところだったので、それでですね。)2,200ポイントまであと少し!
皆様もぜひ活用なさってください!

2つのブログランキングに参加しています。ぽちっと応援をお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ     

タイトルとURLをコピーしました