Webullウィブル|話題の無料株プレゼント・ブローカー・ウィブルってどうなの?徹底調査・本音を書きました

●稼ぐ・増やす

Webullウィブル徹底調査

ちまたでは、Robinhood(ロビンフッド)かM1ファイナンスか、それともWebull(ウィブル)か!というほど人気の高い株取引のブローカー、ウィブルですが、まだ耳にして新しいのでその実態を実際に登録して検証してみました。

登録で上場株を2株以上も無料でくれるというWebullウィブル、登録してから無料株をもらい、口座に反映されるまで、安全性など本音をまじえて書いてますので、始める前、始めようかなと思う前に、ぜひご覧ください。

Webullウィブルはこちら>

(↑登録で無料で2株もらえます)

Webullウィブルはどんな会社?

WebullウィブルWe(=わたしたち)が、Bull(=雄牛=上がり相場)で、得をする、という単語をつなげた造語の景気のいい名前です。

所在地はニューヨークのウォール街ですが、住所にはオフィスを構えているものの、中国の金融会社です。

GEモトローラも今や中国の会社。そういえば、TicTokもそうです。時代は中国なのでしょう。

ウィブルWebullをつくったのは誰?

創始者でありCEOであるのは、Wang Anquan氏

ジャック・マー設立の会社、アリババグループの中の企業で、ファイナンシャル・テクノロジー・ディレクターとして2006年から2013年まで従事したのち、2014年には HengFeng Bank銀行、2015年にはXiaomi ファイナンスへ。アリババ時代の同僚とともにWebullウィブルの開発を開始し、Fumiテクノロジーを設立。主なプラットフォームがWebullウィブルだそうで、アメリカ・ニューヨーク住所を置く会社名は、Webull Financial LLCとなっています。

ブローカーとしての安全性は?

Webullウィブルは、アメリカのすべての証券会社が加盟する義務のある金融業の自主規制機構、FINRA (Financial Industry Regulatory Authority=金融業規制機構)と、アメリカの証券取引を監視および監督する連邦機関のSEC (Securities and Exchange Commission=証券取引委員会)にきちんと登録されています。

FINRASECもメンバーかどうかオンラインで調べられるので、見てみました。
SECで調べた画面。2020年5月に登録を完了

WebullはSECのメンバーです。安心できますね!

FINRAで調べた結果です。オフィスは中規模で、会社というよりオフィスがあるという感じなのだと思います。

WebullはFinraのメンバーです。安心できますね!

安心できる点を書きますと、Webullウィブルは他のきちんとしたブローカーと同じく、SIPC(Securities Investor Protection Corporation=証券投資家保護公社)の保険に入っています。

Webullについて SIPCで確認できます!

つまり!SIPCに加入しているということは、Webullウィブルの会社に何かあった場合、投資家の私たちは、キャッシュの25万ドルを含めた50万ドルまでを保証してもらえるということです。それは何事にも代えがたい安心です。

Webullウィブルのプロとコン(良い点と悪い点)

プロ(良い点)

  • 手数料無料
  • デスクトップアプリモバイルアプリ無料ロビンフッド、M1と同じ)
  • 上場株を2株無料でもらえる
  • 登録後1か月以内に100ドル入金でさらに株をもらえる
  • その後も入金で株を2-5株もらえるキャンペーンを随時開催
  • オプション取引も無料で提供している。(ロビンフッドと同じ)
  • デイトレもできるロビンフッドと同じ)(ただし、ロビンフッドのページにも書きましたが、アメリカの法律で、口座に最低2万5千ドルがないと、デイトレは認められていません。(ただし、5営業日中の3日間は、25,000ドルがなくてもデイトレード可能です。これをパターンデイトレードと呼んでいます。)
  • NasdaqTotalViewを搭載した最高のレベル2市場データを見れるアップグレード可能。3か月間は使用料無料(レベル2は、デイトレーダーには必須のものといわれるデータです。)
  • カスタマーサービスはオフショアではなく、アメリカ国内に在籍(英語)24時間毎日対応
  • 仮想通貨のトレードも可能(ロビンフッドと同じ)
  • ロビンフッドよりも高度な取引が可能なプラットフォーム

コン(悪い点)

  • 端株購入はできない。(株の購入は1株以上から)(ロビンフッドM1では可能)
  • オンラインブローカーのため、実店舗は無い

利用者データ

ウィブルの利用者は、2020年10月の時点、1日当たりのアクティブユーザー数は75万人を超えています。ユーザーの年齢は、20代後半から30代前半が最も多くなっています。

これはどこのモバイルユーザー重視のブローカーの利用者はそうですね。若年層の利用者数が多くなっています。

ウィブルWebullで無料で株をもらう方法

無料で株をもらう方法とは

ウィブルロビンフッドと同じく、株を無料でプレゼントしてくれますが、1株ではなく2株プレゼントしてくれます!

  1. 口座を開設すると、2ドル50セントから250ドル相当の株の中から抽選で、株を2株プレゼントしてくれる。
  2. 紹介した人が口座を開設すると、相手にも自分にも、2ドル50セントから250ドル相当の株の中から抽選で、無料で2株プレゼントしてもらえる。Webullウィブルはこちら> 

注意点、マイナス点は

  • 無料でもらう株は、その場ですぐにどこの株がもらえるのかわかるのですが、実際に自分のアカウントへ入るのは、15営業日後です。つまり、3週間ほど先になります。
  • 無料株についてはモバイルアプリにしか出てきません。
私はGNW (Genworth Financial Inc)の株を2株もらうことになりました。1株3ドル10セントです。>6月現在4ドル15セントになっています

ウィブルWebullの登録資格は?

アメリカの住所と電話番号がある18歳以上で、アメリカ市民またはグリーンカード保有者です。

ウィブルWebullの登録方法

モバイルまたはパソコン上で登録します。こちらからできます>>Webull ウィブル

登録画面では、ID(免許証の裏表)をアップロードします。FINRAとSECのメンバーなので、米国政府に問い合わせて登録者の確認をするため、社会保障番号(納税のため)や細かい入力が必要です。以下、どんなものか載せました。

Webull登録手順を画像付きで紹介します

Webull登録方法を画像付けて紹介します

緑の部分は、選択になっているので、大まかな答えで大丈夫でしたが、
青の部分は、「なんのことかわからないなら、きっとノーですよ、と親切に書いてくれています。

Webull登録方法を画像で順を追って紹介します

情報に偽りなし、と確認したところで
アカウントタイプですが、(下の写真中央)
Margin Accountというのは、証拠金取引といって、口座にあるお金以上の取引ができるものであり、口座にお金が無い場合、会社から借りて取引できるというものです。
もしもこれは自分には危険と思ったら、下のCash Accountキャッシュアカウントにラジオボタンのチェックを移動しておくとよいでしょう。
右側は、仮想通貨の取引もできます、とその種類が書いてあり、下には「Margin Account証拠金取引にはリスクがあるかもしれないことを理解しました」と書いてあります。

Webull 登録方法を丁寧に紹介します

合意事項が書いてあり、最後に電子署名をしてAgreeをタップ

Webull登録方法 画像で手順を紹介します

メールでおめでとう!と届いたら、アプリをダウンロードして、無料の株を申請できました。

Webull登録方法 ここまでくればひと段落です

無料株が口座に反映

登録時にもらった2株が、口座にきちんと入りました。これでこの株を売って他の株に買えることもできるようになりました。

無料株は15営業日(つまり約3週間後)に口座に入りますが、それからどうすればいいのか、画像で案内します。

アプリを開けると、下の画像の左のように「あなたの無料株がポートフォリオに入りました。アカウントの安全のため、Trading Passwordトレーディングパスワードを設定してください」と書かれてありますので、水色のSet Trading Passowordをタップします。

写真中央の画面6桁の数字のパスワードを設定します。

写真右の画面で、セキュリティクエスチョンの質問を3つ選択して(いくつかから選べます)、答えを設定します。※パスワードを忘れた時の確認用です。
水色のSubumitボタンをタップして完了です。

Webullで無料株ゲットしました

パスワード設定が完了しました(下の画像左側)

お!もらった時は$3.10ⅹ2株=$6.20だった株が、$7.10へあがっています!(その後も下がったり上がったりして、6月現在$8.30です)

下の画像の右側の画面に変わります。水色の吹きだしに、Deposit, Withdraw and Stock Transfer are located in the transfer function.と書いてあります。つまり、この下の$ドルマークをタップすれば、入金、引出、株式移動(他社へ、または他社から)ができます。

株の売買は、その並びの左端のQuick Tradeのアイコンをタップすると売買画面にうつります。

Webullで無料でもらった株が上がっています

結論

Webullウィブルはきちんとした株トレーディングアプリのようです。2株ももらえる上、登録後、1か月以内に100ドル入金すると、さらに2株もらえます。
しかし、なかなか高額の株はもらえないのではないかなと想像で思いました。
私のケースでは今の株全体が値下がりに入った時期にも上がっているので、普段なら買わない良く知らない株をもらうというのも、ある意味GOOD!

※お申し込みは自己責任にてしていただくことになりますが、上記記事が皆様の参考になれば幸いです!

各社比較表

各社比較表を作りました!

Robinhood
ロビンフッド
M1 Finance
M1ファイナンス
Webull
ウィブル
Public
パブリック
プラット
フォーム
iOS, Android,
ウェブ
iOS, Android,
ウェブ
iOS, Android,
ウェブ
iOS, Android
特典ここから登録で
1株無料
ここから登録で
$30
ここから登録で
2株無料
ここから登録で
有名会社の
端株無料
株取引YesYesYesYes
端株購入1/2株で可能YesNoYes
ETF取引YesYesNoYes
配当金の
再投資 (DRIP)
YesYesNoYes
仮想通貨取引YesNoYesNo
オプション取引YesNoYesNo
最低開始金額$0$100$0$0

 

2つのブログランキングに参加しています。ぽちっと応援をお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ     

 

タイトルとURLをコピーしました