最新情報! 話題のLTKって?インフルエンサーになってインスタで紹介&販売!あなたもミリオネア!そのシステムとは?

●稼ぐ・増やす

今日はけっこう最新の情報のご紹介なのですよ!

皆様、インスタなどのSNSはやっていますか?

私は時々、SNSで、面識のない「自称インフルエンサー」の方からお友達申請をいただきますが、自分から「インフルエンサーのXXです!」と言う人は、どうもうさんくさいので、スルーしてしまいます。

さて、このインフルエンサー、ウィキペディアによると、「世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝すること」ということですよ。

そうです!皆様がもしも「インフルエンサー」なら、企業が「あなたの影響力を使わせてください、それでうちの製品が売れたら、コミッションを支払いますから!」と言ってくれるはずです。

でも目に留まるのを待っていたら、なかなかそんなチャンスはめぐってきません。

では、自分から「どうも、わたくし、インフルエンサーです!」と売り込もうではありませんか。
(さっき「うさんくさい」と言ったけれど)

では、どこに?

そういうのを一括して引き受けてくれる企業があります。

それがLTKです。

LTKとは

LTKは、Like to Knowの略です。CEOアンバー・ヴェンズ・ボックスという女性で、本社はテキサス州のダラス

@LTK

LTKは、インフルエンサーが制作した動画や写真のコンテンツに、商品購入用のタグをつけられるようにし、フォロワーがクリックして購入すると、インフルエンサーに紹介料として収入が入るシステムを提供しています。

このシステムでのブランド側の年間売上高は30億ドル(約3300億円)を超え、うち約10~25%がクリエイター(インフルエンサー)へ支払われています。

SNSコンテンツから商品を直接購入できるマーケットプレイスは、画期的なのだそうですよ。

このシステムに、今月、それもこの記事を書いているたったの2日前に、ソフトバンクグループ投資ファンドソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」が3億ドル(約330億円)の出資を提供したことで、今、話題に上がっています。

LTKには現在、5,000社を超える小売業100万以上のブランドが提携。

15万人を超えるクリエイター(インフルエンサー)が、100都市以上で登録。

LTK企業クリエイター(インフルエンサー)の橋渡しをしています。

中国韓国があるのに、日本が無い!でも日本語での案内があるようです。ということは、日本でのオープンも間近かもですよ。

そしてアメリカにはありますよ!

他にはイギリス、ドイツ、フランス、ブラジル、オーストラリアで使えます。

残念ながらアプリは、2021年11月現在、iOSのみです。

あなたのインフルエンサー度は?

LTKの定義するインフルエンサーには、例えばSNSでのフォロワー数により、メガ、マクロ、マイクロ、ナノインフルエンサーの4つのサブカテゴリがあるようです。

  • メガ・インフルエンサー:フォロワー数100万人以上
  • マクロ・インフルエンサー:フォロワー数10万人から100万人
  • マイクロ・インフルエンサー:フォロワー数1,000人から10万人
  • ナノ・インフルエンサー:フォロワー数1,000人未満

そうです。SNSをしていれば、誰でも「インフルエンサー」!

「私はナノだな」という方も、LTKが審査して「これは需要があるだろう」と判断されれば、「クリエイター」と呼ばれるインフルエンサーとして、LTK登録できますよ!

ミリオネアも夢ではない

登録しているクリエイター(インフルエンサー)のうちの130人あまりが、LTKを通じて、資産額が100万ドル(約1億1000万円)を超えるミリオネアになっています。

まだ始まって間もないこのシステムでこの数です。

自分には影響力が無いと思いますか?

私自身そう思います。

私に影響力なんて無い無い、無理、無理!

私と同じように思う方も、ちょっと振り返ってみてください。

たとえばレストランで「私これにする!」と宣言したら、お友達も「じゃあ、私もそれにする!」と言ったとか、持ち物をお友達が見て「それカワイイ!私も欲しい!」となったとか、鼻歌を歌っていたら、まわりも鼻歌を歌いだしたとか、思い当たることがありませんか。

誰でもまわりに少なからず影響を与え、そして自分も影響されてるんですねー。

そうですよ、誰だってミリオネアになれる可能性がありますよ!

登録から販売までの流れ

以下の画像は、LTKからお借りしましたよ。

@LTK

まずLTKクリエイターとして登録します。審査制になっています。

LTKへの申し込みはこちらから↓

LTKへ申し込む

名まえメールアドレスSNSのアドレスを入力、どれぐらいの収入を目指したいかを選択するだけです。

  1. メールが届き、審査にパスできたら、メールに掲載のURLからログインします。
    現在、審査結果は2-3週間待ちとなっているそうです。
  2. LTK Creator iOSアプリをダウンロードします
  3. 製品についての写真やキャプションを制作
  4. いつものようにSNSへアップロード
  5. LTK Creatorアプリ内に自分のショップを作成
  6. 自分のLTKショップのURLをSNSで周知する

@LTC

実践していないので、実際の画面をお見せできませんが、使い方は上記の通りで、LTKのアプリ上からシェアでき、簡単そうです。

なんだかアフィリエイトとドロップシッピングの良いとこどりみたいなアプリですね!

自分を出すのは恥ずかしい

以下の写真はLTKが例に出している写真ですが、

@LTC

これを見て、「いやー、やっぱ無理無理」なんてひいちゃうかもしれません。

でもジャンルはファッションだけでなく、ホームライフスタイルといったものまであります。

LTKの審査では、「この人のこのSNSでなら、こういう需要があるかも」という、皆様らしさを評価しています。

自分のSNSをそのために変えなくても大丈夫です。

ぜひ、チャレンジして、自分の可能性を広げてください!

2つのブログランキングに参加しています。ぽちっと応援をお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ     

タイトルとURLをコピーしました