アメリカ在住者の副収入:Wrapifyラッピファイ | いつもの車通勤で副収入が得られるラクチンマネー!必要なのは勇気だけ!

アメリカで何もしないで稼ぐ簡単な方法●稼ぐ・増やす

車を丸ごとステッカーでラッピング。広告塔になることで、運転マイルに応じて広告費が入ります。自分はいつもどおりに車を運転して通勤するだけ

毎日の通勤や渋滞がイヤになっている方には朗報!今回は、そんなアメリカならではのマーケティングビジネスを紹介します。

車を広告塔にして副収入

Wrapify ラッピファイとは?

Wrapifyラッピファイは2015年にカリフォルニアに設立されたOOH広告会社です。OOH広告とは、Out-of-homeの広告のことで、看板やポスターなどの屋外広告のこと。

しかしWrapifyラッピファイのOOH広告はなんともアメリカらしい。それは、希望者の車を広告媒体にし、車の持ち主であり運転手の希望者へ、広告代を支払うというもの。

費用はまったくかかりません。必要なのは勇気だけ。そして、広告のついた自家用車で毎日通勤するだけです。

さて、どれぐらいもらえるのでしょうか?

車をどれぐらいカバーするかで収入が変わる

車をどれぐらい広告でカバーするかにより、収益が変わります。

Wrapifyラッピファイのサイトでは、見本があります。Full(フルカバー)、Partial(部分カバー)、Lite(軽くカバー)、Static+(ちょっとプラス)

Wrapifyで稼ごう

なんだかどれもすごそうですが、Fullは本当にきれいに全体がステッカーで包まれ、まるでペイントされたようにぴったりと覆われています。

Partialは、後ろと両サイドに広告がありますが、上と前にはありません。

Liteは後ろとサイドのドア部分のみ。

Static+は後ろと上の看板が紹介されていました。

もちろん、その時により、どのようなデザインでどの部分を覆うかは変わってきます。

自分の気に入った会社のデザインから、どれぐらい車をカバーするか、4種類のどれかを選びます。

走行距離や走る場所によって収入が変わる。

走行距離が大きいほど収入も大きくなりますが、走る場所でも収入が変わります。

田舎道よりも、繁華街のような、視覚にさらされ、広告効果が得られる場所を走るほうが、より高い収益につながります。

※上の写真に記載されてある収入額は、1か月あたりの推定額です。

申し込んでから仕事を得るまでの流れ

Wrapify申し込み方法

  1. まずアプリをダウンロードします。(無料です)
  2. 車を運転するときは、アプリを入れた自分のケータイを持って乗ります。
  3. あなたの走行距離、エリア広告主とマッチングしたら、キャンペーン依頼が入った時に、Wrapifyラッピファイからあなたに連絡が入ります。
  4. あなたは、いくつかの中から、自分がいいと思う広告主の広告を選びどれぐらい車体をカバーするかを選びます
  5. 車にきれいにWrapしてくれます。(ノリが残らず、傷がつかないシールをまるで塗装したかのように車体へ貼ってくれます。)
  6. あとは、アプリの入ったケータイを持っていつも通りに運転するだけです。

条件

登録するには条件があります

  • 21歳以上であること
  • 交通違反を起こしたことがないこと
  • 2008年以後の車であること
  • 損傷の無い車であること

また、Wrapするのが複雑な車、剥がれやすい塗装の車は、対象外になる場合があります。

良い点

  • 出費ゼロ。特に働く必要もなく、毎日車に乗るだけでOK。
  • ノルマなし。運転しなかった日は支払いが無いというだけです。
  • 支払いは週に2回直接銀行口座へ振り込まれます

Wrapifyラッピファイがどんなものか、サイトでチェックしてみてください。また、ドライバーへのサインアップもこちらからできます↓

Wrapifyはこちら>

電話番号を入力すると、アプリがダウンロードできるよう、ケータイへテキストが届きます。

2つのブログランキングに参加しています。ぽちっと応援をお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ     

タイトルとURLをコピーしました